So-net無料ブログ作成
検索選択

集団的自衛権とは?わかりやすく簡単に解説 [ニュース]

安倍総理大臣が最近やたら言っている集団的自衛権とは何か

わかりやすく簡単に説明したいと思います。


集団的自衛権とは?

他の国が武力攻撃を受けた場合、直接攻撃を受けてない第三国が攻撃を受けた国に協力し、

共同で防衛を行う国際法上の権利なのです。

これをもっと簡単に言うと「友達国が攻撃されたら一緒に守り、やり返しますよ

という取り決めです。

2748c0acd74a7a389ee8beda6d0d4f8a.jpg

この集団的自衛権を語るには国連を知ることが重要なのです。


国際連合とは過去に起きた大きな戦争が起きないように多くの国が団結して作られたものです。

第二次世界大戦前にも国際連盟という組織はあったんだけど、

大国、アメリカ、ソ連が参加してなくて戦争が起こってしまったんです。

それを反省に世界各国が戦争を起こらない平和な世界にしようと1945年に、

50か国以上の国が集まって出来たのが「国際連合」なのです。

そして国際連合で、みなの共通の約束として決められたのが「集団的自衛権」なのです。



あれ?日本って国際連合に加盟してますよね?

では、なぜ集団的自衛権を使えないの?と思いますよね。

そうなんです集団的自衛権は日本以外では当たり前なのですが、

日本では集団的自衛権が行使できません。

なぜ行使できないと言いますと日本の憲法にあるのです。

日本の憲法9条には、

「日本は戦争をしません」

「日本は軍事力を持ちません」

「日本は戦争を放棄します」

と3つの約束事があります。

その為に集団的自衛権を使うことが出来ないのです。

現在、日本には自衛隊がありますが、これはあくまで日本を守るためだけに活動が許されている部隊です。

1945年に作った憲法を今変更しようとしているのが現状なのです。



では、国際連合の言っている集団的自衛権が使えないとどのようのことが起きるのでしょうか?

例えば、日本の同盟国のアメリカのイージス艦が日本近郊の海で攻撃を受けたらどうでしょう。

向かってくるミサイルに対し何らかの事情で対抗できないとすると、日本は同盟国が攻撃を受けているのにミサイルを撃ち落とすこともできないのです。

これも現状の憲法9条の影響なのですね。

でもアメリカからしたら「なんで日本は同盟国なに助けてくれないの?」

「逆の立場なら助けるのに・・・。」

ってな感じになるのです。

60a0876a80ed12b2647b03b7e25cd9c1.jpg


現在、安倍総理大臣は集団的自衛権行使を容認させるために憲法改正をするよう訴えている。

やはりこの憲法9条の解釈を変更するのは簡単にいくわけがない。

近隣諸国も黙ってはいないだろう。

一時期よりは極東地区のピリピリ感は無くなったものの、やはり領土問題などの問題は多いですね。

もし集団的自衛権が行使できるようになると日本は戦争が出来る国になるということです。

デリケートな問題ですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。